SCHEDULE

2017.6.23 fri

LIVE

TOKYO MILKY WAY
キャンドルナイトライブ『舞い降りる 命の光と影』

TOKYO MILKY WAY/キャンドルナイトライブ『舞い降りる 命の光と影』

TOKYO MiLKY WAY
Starlight&Candle Festival in Tokyo 2017
「銀座☆夜のギャラリー巡り」GINZA-2017.6.23 FRI

http://tokyomilkyway.org

参加ギャラリー
柴田悦子画廊 藤屋画廊 ゆう画廊 ギャラリーSTAGE-1 銀座K’s Gallery GINZA GalleryG2 画廊一兎庵 アートスペース銀座ワン ギャラリー403 ギャラリー邨 Art Space RONDO Galerie La’ 銀座モダンアート ギャラリーカノン アートラボアキバ・アートラボトウキョウ B-gallery EARTH+GALLERY ハイキョ

【テーマ】「東京で銀河をみる」
私たちは、東京都心でも銀河を見られるように、ネオンで覆われた街に美しい自然の光を取り戻すような豊かなライフスタイルを提案します。

【解説文】「アートとキャンドルで過ごす、LOHASな自主停電ナイト」
でんきを消して、スローな夜を過ごす<キャンドルナイト>。その発端は、2001年のカナダの原子力発電所建設反対運動でした。原発反対を100万回叫ぶより、1人1人が生活のワンシーンで電気をつけずに過ごす時間を体感していくことが、いつか安全で平和な暮らしへとつながると考え、みんなで自主停電を行うものです。

日本では、2003年6月に第1回が行われ、以来、数万施設・数百万人が参加する国民的行事として、夏至と冬至を挟む期間に毎年開催されています。<TOKYO MiLKY WAY>(トウキョウミルキーウェイ)は、この<100万人のキャンドルナイト>の声がけ人代表 辻信一と深瀬鋭一郎が雑誌<自然と人間>誌上で話しあって始めたLOHAS(ロハス)なアート・フェスティバルです。

深夜の無駄なネオンを消せば、東京都心でも銀河(ミルキーウェイ)が見える筈だ、というところから、その名がつきました。都会でも美しい自然の光を取り戻すような、豊かなライフスタイルを、芸術やキャンドルナイトを通じて提案するものです。

キャンドルの明かりの中で、展示やパーティ、コンサート、ダンス、パフォーマンスを楽しんだり、キャンドルを灯して夜に銀座のギャラリーめぐりを行うなど、スローでアートフルな時間を過ごすフェスティバルとして、多くのメディアに採り上げられ、幅広い人気を集めています。

キャンドルナイトライブ『舞い降りる 命の光と影』

「切り絵師 松井里美」の切ないまでに精密な切り絵創作を「写真家 大木啓至」が切り取る『光と影』がグルーヴ感一杯に映し出す『様』を揺らぐ蝋燭の灯火とともにお楽しみ下さい。

日 時 2017年6月23日(金)18:00〜21:00
会 場 Galerie Lã(ギャルリーラー)
東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル601

松井里美『舞い降りる命 光と影』展
6月19日(月)〜6月25日(日)12:00〜19:00
→詳細はこちら

松井里美プロフィール

18歳から切り絵と詩作を始める。
日本の伝統的な技法の切り絵を、女性の柔らかな肌・曲線美を表現するため白い紙に刃を入れ、魂を吹き込み大胆な構想と独自のスタイルを生み出す。
その精妙・繊細な技巧で、かなわぬ恋をモチーフに 人を愛することの素晴らしさを表現し、注目される。

略歴

東京に生まれる。
2006年 名古屋にて初個展を開催。その後各地のサロン・宝飾店等で展示会を開催。
2010年 文芸社ビルギャラリーにて画集出版記念展開催。
2011年 ニューヨーク シェラトン・ラガーディアイーストホテルにて個展開催。
2014年 文芸社ビルにて新作個展を開催し、現在帝国ホテルプラザ・フォンドインターナショナルギャラリー(宝石)に常設展示中。
2015年 アートコレクションハウスより作家デビュー。シルクスクリーン版画発表。
2016年 漆·金箱·作品莞表。

大木 啓至(Yoshiyuki Oki)写真家

略歴

1970年 千葉県生まれ
1995年 東京綜合写真専門学校研究科卒業

主な個展

2015年 「カエルと彼の人生について」ギャラリー冬青(中野)
1998年 「See Saw Scene」HOKALI Fine Art Gallery(青山)
1994年 「パストラル」mole(四ツ谷)
1993年 「フローイング・ハウス・ルールズ」永谷ギャラリー(銀座)

二人展

2013年 「シカクのナカへ」(写真・大木啓至/書・白石雪妃)Salon de la(銀座)

主な出版

2013年 「シカクのナカへ」(写真・大木啓至/書・白石雪妃)私家版


ページの先頭へ